こんにちは。かりんです。

 

今日は、ブログで失敗する記事の書き方をお伝えします。
こうすれば、いつまでたっても稼げませんよ。

 

8項目にまとめました。
あなたの記事の書き方に当てはまることはありますか?
確認してみましょう♪

 

【ブログ記事】失敗する書き方8項目

失敗する書き方を8項目にまとめました。

 

  1. 不特定多数の「みなさん」に向けて書いている
  2. 本文の前の前置きが長い・いきなり本文を書く
  3. リサーチに時間をかけない
  4. むずかしい言葉や言い回しをする
  5. 一文を長くする
  6. 見出しがない
  7. 画像・文字装飾(太字や赤字)がない
  8. 書き手の人物像がわからない

 

1つずつ解説していきます!

 

不特定多数の「みなさん」に向けて書いている

誰が読んでくれるかわからないですからね。
せっかく記事を書くんだから、たくさんの人に読んでもらいたい、アクセスがたくさんほしい。
その気持ち、よくわかります。
でもね、10代の女子にも60代の男性にも受け入れられる文章ってありますか?

 

しっかりとターゲットを絞って「個人」に向けて書くことで、その属性に近い人に確実に響きます。

 

化粧品だって、乾燥肌用・油脂肌用とか、さっぱりタイプ・しっとりタイプって分かれているから「これ、私用だ」と思って手に取るのです。

 

ターゲットを絞って個人に向けて書くこと、これができないと失敗します。

 

本文の前の前置きが長い・いきなり本文を書く

いやぁ、急に寒くなりましたね。
慌ててダウンコート出しましたよ。
手袋は探したけどなかなか見つからなくて焦りました!
見つかったからよかったです。
でも、コートのポケットに入れておくとか、保管場所は決めておいた方がいいかもしれませんね。

では本題に入りましょう。
今日は○○についてです。

 

て、こんな文章で始まったらどう思います?

 

そうそう。手袋の保管場所は毎年決めておいた方がいいよ、なんて思いませんよね(汗)。

 

なんだこりゃ?で読むのを止められそうです。

 

反対に、いきなり本文に入るのもちょっと乱暴です。

 

この記事を読むことで、こんな疑問が解決しますよ、こんなことがわかりますよ。
と伝えることで、読者は読み進めるかどうかの判断ができます。

 

読者に興味を持ってもらうために冒頭部分は重要なんです。
読者に読むことで得られるメリットを教えてあげる、これができないと失敗します。

 

リサーチに時間をかけない

こんな記事を書こう、とネタが決まったら、リサーチしますよね。

 

なるべく早く記事を書きあげようと、リサーチを1記事で終わらせてないですか?
1つの記事からだと、単なるリライトになってしまいがちです。

 

それに、もし間違った情報が含まれていたら?
あなたの記事も間違った情報になってしまいます。

 

記事を書くよりもリサーチの方が時間がかかってしまった。
というのはあるあるです。
でも内容のあるいい記事が書ける確率は高いです。

 

単なるリライトだとつまらない文章になります。
失敗しますね。

 

むずかしい言葉や言い回しをする

私、結構知識があるんです。
だからこんな言葉も知ってるんです。

って、ただそれだけを発表したい自己中ブログならOKですが、
稼ぎたいと思うならNGです。

 

わざわざ難しい言葉を使ったり、言い回しをされると、何が書いてあるのかわからない。
意味がわからない文章だと読むの止めます。

100%止めますから。

 

むずかしい読まれない文章を書いていたら失敗します。

 

一文を長くする

急に寒くなったから慌ててダウンコート出したんですけど、手袋も探したけどなかなか見つからなくて焦りましたが見つかりました!

 

さきほどの前置きの長い例文です。
短かった一文を長くつなげた文章にしました。

 

どうですか?
ダラダラ続くと読むほうのリズムも悪いし、わかりづらくなります。

 

ダラダラと、読むのが億劫になる文章を書いていたら失敗しますね。

 

見出しがない

見出しがないとパっと見た時にどんな内容かわかりません。

 

また、読者はちゃんと全文を読んでくれると思ったら大間違いです。

 

見出しだけ見て、興味があるところだけ読む、
または見出しだけ見て終了ていうことも多いです。

 

あなたもそんな読み方をしたことありませんか?
私はあります^^。

 

見出しのない記事なんて読む気にならないです。

 

画像・文字装飾(太字や赤字)がない

画像がない記事、一色だけの記事は読む気になりません。

 

当然ですが、画像があるならなんでもOKというわけではないですよ。

 

たとえば「おいしいスイーツ食べてきました!」ていう記事にこーんな画像があったらどう思いますか?

 

 

スイーツの記事で工具の画像なんて載せたら「?? この人とは関わらないようにしよう」と思われる可能性大です。
記事内容に合った画像を使うべきですね。

 

見出しもそうですが、読みづらい記事は読まれません。

 

太字や赤字で強調してあるのって大体たいじなところです。
強調している文字だけしか読まない人も多いですよ。

 

てことは、強調文字がないなら読まれませんね

 

書き手の人物像がわからない

リサーチした内容をうまくまとめて記事にしたとします。

 

でも個性がないと記事としてはおもしろくないです。
事実だけを知りたいなら、ネットニュースで十分だから。

 

おもしろくないから他の記事を読もうとは思わないし、リピーターにはならない。
読まれないブログになっていきます。

 

たとえば、テレビでコメンテーターっていますよね。
いろんな人が、ニュースに対してコメントしています。

 

人って、物事に対して他の人の意見を聞きたいんですよ。

 

個性的な意見を聞くとおもしろいんです(古市さんとか)。
お笑い芸人さんがコメンテーターをやっているのも、そこらへんの役割だと思います。

 

意見は意見なので、正しい正しくないではないです。
自分と違う考えでも「こういう意見や考え方もあるんだ」ということに興味があります。

 

なので、あなたがどんな考えの人かわかる記事がおもしろいのです。
「あなた」を感じられない記事ばかりでは失敗します。

 

まとめ

ブログで失敗する記事の書き方をお話してきました。

 

失敗したいなら、8項目を忠実に守ってください。
成功して稼げるようになりたいなら、逆をすればよいことになります^^。

 

  1. ターゲットを絞って「個人」に向けて書いている
  2. 読者に興味を持ってもらえる冒頭部分になっている
  3. リサーチに時間をかける
  4. むずかしい言葉を使わずわかりやすい文章にする
  5. 一文を短くする
  6. 見出しを使う
  7. 画像・文字装飾(太字や赤字)を使う
  8. 書き手の個性を出す

 

「コレ出来てない」はありますか?
成功したいなら、今すぐ直しましょうね^^。

 

では。かりんでした。

 

何かありましたら気軽にメールしてください。
些細なことでもご相談・質問も待ってます^^
メールしてみる

おすすめの記事